現在の位置:トップ健康にやせる大切さの話→バランス良い食事の大切さを表現した「ドベネックの桶」とは

ドベネックの桶とは

こんにちは。
西条(愛媛)の耳つぼダイエットサロン『スリムインルーチェル』の尾﨑です。

画像の説明

ドベネックの桶とはドイツの科学者で「農芸化学の父」とも称された、ユーストゥス・フォン・リービッヒが提唱した「リービッヒの最小律」を分かりやすい形で説明したもの。

ふと自分の食生活や日々の生活習慣に疑問を感じた時、原点に立ち返るための最適な見本材料としてとても役に立ちます。

人が健康な人生を送るために必要な栄養バランスを図解した「理想的な」指標となりますので解説したいと思います。

ご存知ですが?「ドベネックの桶」

「ドベネックの桶」という言葉をご存知でしょうか。

何かの数式の名称を連想させる摩訶不思議なこの言葉、
実は私もこの記事を書かせて頂く際に初めて知ったというのが現実です。

ドベネックの桶とは本来、バランスの良い食生活や健康との関係を表したものではなく、
植物の成長の仕組みを例えたものなのです。

図解にすれば一目瞭然ではあるのですが、
植物の成長に必要不可欠な「養分」「要因」を桶を形成する板1枚1枚に見立てます。

それを縄でぎゅっと縛り、1つの桶を作ります。

そこに注ぎ入れた水がすなわち「植物の成長」というわけ。

ドベネックの桶
桶の板一枚一枚をイメージして

もし仮に、そのうちの板が1枚外れていたり壊れていたりしたらどうでしょうか。

たちまちそこから水が溢れだし、溜まっていたはずの水は本来の水位を保てず
全ての水を失ってしまうか一番低い板の高さの水位を保つのがやっとですよね。

どの板も高く頑丈ならば中には沢山の水を溜め込むことができますし、
反対に低く隙間だらけの桶なら満足に水を注ぐことすらできません。

このように植物の成長には全ての要素がバランスよく揃うのが理想的であり、どれが欠けても成長することはできない、これが「ドベネックの桶」の定理です。

ドベネックの桶を人の健康と栄養素に当てはめて

早速これを使い人の健康と栄養素に応用してみましょう。

まず人間が健康的な体を保っていくためには、
3大栄養素と言われる炭水化物・たんぱく質・脂質が必要です。
これにビタミン・ミネラルを加えたものが5大栄養素。

これらを中心に食物繊維・DHA・近年徐々に注目され始めている
ファイトケミカルなどの栄養素を加えそれぞれの板から成る桶を作り、
水を溜めることにします。

例えば美容にはビタミンが良いだろうとそればかり大量に摂っていれば、
確かにビタミンの板は高く強固になってはいきますが
桶の全体のバランスは崩れてしまいます。

ビタミンは他の栄養素と結び付くことで初めて本来の効果を発揮するものも多く、
他の栄養素の代謝を助ける作用があります。

つまり

単体で摂取しても、求める効果は得にくいということ。

体内で合成することができないビタミンは毎日食品から摂る必要がありますが、
そのコツとしては「沢山の種類を毎日少量ずつ」。

例えば皮膚や粘膜の健康を保つ効果のあるビタミンA、抗酸化作用のあるビタミンC、
カルシウムの吸収を助ける働きがあるビタミンD。

ビタミンB群は糖質・脂質を代謝させたり
他の成分との相乗効果でエネルギーを生成する作用を持ち、
基礎代謝を上げる食品としても非常に大切な栄養素でしたね。

更にミネラルは本来は元素の1種であり、
人の体の構成や生命維持には必要不可欠な存在です。

しかし残念ながらミネラルもビタミン同様、
人の体内では作り出すことができない栄養素。

ミネラル
ミネラルは人の体内で作ることができません

ミネラルの種類には代表的なもので
カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、亜鉛などがありますが、
特に私達日本人は慢性的なカルシウム不足だと言われています。

カルシウムが不足し引き起こされる恐ろしい病気といえば、
骨粗鬆症や高血圧、動脈硬化など。また女性に多い貧血は言わずもがな
鉄分不足が原因で起こるものです。

ミネラルを多く含む食品といえば
例えば煮干し、わかめ、納豆、切り干し大根など…
どちらかといえば古くから日本にある馴染み深い食品ばかりです。

今も積極的に摂っていると自信を持って言える人は
おそらく少ないのではないでしょうか。

昔は当たり前のように食卓に並んでいた食材が健康の重要なヒント
だということは実はよくあるわけで、情報過多の現代だからこそ
「先人の知恵」に見習うべき部分が多いことに気付く点も多いものです。


ドベネックの桶はあくまでも理想

「ドベネックの桶」についても最近は必ずしも一番低い要素のみで最小律が定まるわけではなく、要素や要因は互いに補い合うケースもあるという説も増えています。

例えば普段から健康に気を付けた生活を送っていても健康で長生きする人と
大病にかかり早くに亡くなってしまう人がいるのと同じように、
人間の健康バランスというものもその人が持って生まれた免疫力や環境の変化など
様々な要素が複雑に絡み合って初めて成立するものであり、
必ずしも数値で一本化できるものではないですよね。

ドベネックの桶は生活習慣の見直しの参考に
ドベネックの桶は生活習慣の見直しの参考に

関連タグ

区切り線

健康にやせなければ

店舗名・担当者スリムインルーチェル・尾﨑 千秋
住所愛媛県西条市樋之口183C-1 >地図はこちら
営業時間8:00~20:00
休日不定休
電話番号0800-200-2028(フリーアクセス)/0897-47-7698
FAX0897-47-7592
メールozaki@sliminruchel.com
無料カウンセリング随時受付

スリムインルーチェル